2016年01月18日

思うんだけど

どんな仕事も少なからず他人様の命を預かっているもの
お金だけではなく 他人様の時間 夢や希望や将来 そんなものを預かりっこして社会が成り立っている
時短やコストだけが評価の対象となるのは悲しい
さらに自らの職能のクオリティを下げることでコストダウンを図るのは愚かである
またそれしかない現実も時にあり 大変腹立たしい

自分の職能に誇りを持たない 持てない世の中で事故が起きる
バス事故しかり 杭基礎の件しかり 食品のまわり

みんな 何かしらのプロなんだよ
プロって何だよ

自分の持てる技術や感性が他人様のお役に立つなら嬉しい
それで対価を頂戴している
それに値する自分でいるよう磨かなくちゃ

今日も真面目に頑張ったかな

posted by necoya at 17:57| Poco庵の日々