2014年12月30日

さて 正月飾りは

テレビからレコード大賞の演歌が流れております。


リモコンを操作する手間も惜しく忙しい年末進行 まだもう一日あるのに ちょっとだけ日付が変わるだけなのに 慌ただしく追われている感じ。


さて 正月飾りは 間に合いました。


本日30日は 既に晦日扱い 31日の「一夜飾り」と同じ 間に合いません の意。 29日は「苦」につながり 28日 が ラストチャンス と いう訳で イワレはともかく「慌てずに余裕をもって準備すれば不手際はありませんぞ」ということですな。


「門前の松」は お正月の神様 の ヨリシロ とされる。「はーい ここよ ここに降りてきて来てくださーい」という松は 1213日に山からとってくるもの(松迎え と 云ふ)であり この日から門松は立ててよい。 神域の結界「ここから先はおめでたい」を示す「しめ飾り」も同じ。1213日 神さま開店!ということですね。


さていつまでか?というと地方によって松の内1月7日 小正月1月15日 二十日正月1月20日と様々で 伊勢地方などでは一年365日「笑門」しめ飾りが玄関にあるし 埼玉県在住の(地域性はまったく関係のない我が家)ぽこ庵では クリスマス電飾と一緒に1月7日の午前中に片づけています。


鏡餅は 神様へのおそなえ 1月11日の「鏡開き」まで ですね。

お正月の神様はぴかぴかキレイな丸いものがお好きだそうで お掃除も30日までに済ませてお迎えしなくちゃ なのです。ピカピカ きれいに 30日まで。

はぁ 間に合ったかどうかは 訊いてはいけない。
posted by necoya at 19:48| 住まいのカレンダー