2017年06月03日

まもなく 再 開講

色彩と住まい もっと 親しみやすく 楽しく わかりやすく
ただいま まとめ なおしております。
まもなく 再度 オープン 予定です。
いま しばらく お待ちください。

posted by necoya at 16:32| 色彩と住まい

ただいま 故障中

犬の足元を気にしていたら と いう訳でもないが こちらの足元が怪しくなった。
ただいま 脚を故障中 不自由な身である。
ようやく歩けるようなってきたので ひさびさに外に出ると これまで気づかなかった いろいろと気になることが ある。
まず 自宅の中古マンションのエントランス 3段ほど階段になっていて 修繕の際に ご親切にスロープと手摺をつけて下さったのだが
勾配が急でして これは こわい 階段より 脚に負担のかかる感じ 手摺にすがるよう ご親切なノンスリップタイルの凹凸が 杖の先には不安定
もし 車いすだったら どうだろう? 下りた突き当りに壁があって90°に曲がる ムリだわ〜
改修だから このようにしか配置できなかったのだろうが こういう「なんちゃってバリアフリー」って いかがなものだろう。
ちなみに 階段がわり にスロープをつけるときは 勾配1/8以下に と 法律にある。 3段≒45cmでは 3.6M以上の長さのスロープになる。ないない 全然ない。車いすを考えたら 1/12以下 段差45cmなら5.4M以上 屋外だったら1/15以下 以下ですからね これで急な方だからね。
とりあえず つけとけば 何とか使えるだろう みたいに 考えがち 元気な時は ね。
基準も 数値も 頭ではわかっていても 我が身になって ごめんなさい 甘かった です。と反省する。
「なんちゃってバリアフリー」は 時に高慢な不親切 差し伸べる「人間の手」が一番大切 親身な眼差し「観察眼」を忘れないように

さぁ リハビリに 酸素カプセルに通っているのだけど ここの入り口の階段 手摺が笑っちゃうくらい 華奢でこわい のですわ

早く モトの健脚自慢に戻ろう
posted by necoya at 16:24| デザイン/住まい 雑記帳